人生という長い暇つぶし

zurzukunft.exblog.jp
ブログトップ
2011年 10月 18日

小っ恥ずかしい文章をよくも書くもんだ、自分は /2011,10,18

しょうもない日記に2人もの人がコメントを下さったので、日記を書くことで返事をします。
コメントありがとうございます。


何のために生きてきたか、考えるために生きている。
そうだと思います。
でも、そこで終わるのは勿体ないことだとも思うのです。
過去を振り返り、未来を思う。
積み重ねてきた経験を元に、今後自分がどうすべきかを考え実行することで、
有意義な人生を送れると思うのです。

それはつまり、人生に求められていることを探すということだと思います。
探した答えのために生きたつもりでも、振り返って実行できていないとき、
何のためにいきてきたのか、
と私は感じるのです。

生きた証を立てたいわけでも、偉業を成し遂げたいわけでもないです。
ただ、生きる意味を人の中に求められたら良いなと思うのです。
せめて自分が関わった人を幸せにできたらと。
そして出来る事なら、唯一人でいいから自分を必要としてくれる人のために生きる、
それが自分がの生きる意味にしたいと思います。

そんな青二才の考えでした。
[PR]

by shino-_-jun | 2011-10-18 22:10 |


<< 誤解を解く気がないのは嘘をつき...      2011,10,17 >>